暖を取るで!

つぶ亭に薪ストーブが導入されます。めっちゃ楽しみです。

というわけで、その実装過程の記録を紹介します。

IMG_0153 IMG_0161

まず、空焚きという作業で、購入したてのストーブについている塗装などを全部飛ばします。

IMG_0212 IMG_0211

IMG_0226 IMG_0223

次に、ストーブを設置する場所の壁を外します。

IMG_0242 IMG_0250

IMG_0256

構造材をはめ直し、耐熱用の壁を作る準備をします。

また、ストーブの下には石膏ボード&煉瓦を敷いて置きます(仮)。

IMG_0265

とりあえず石膏ボードで壁を作ります。壁に埋まっている白い四角は、メガネ石というパーツで、ここに排気ダクトを通します。

というわけで、薪ストーブ実装工程の前半はこんな感じです。

後半部分はまた次の機会にご紹介します。

 

話は変わりますが、やっぱ古民家はいいですね。

IMG_0231

つぶ亭には、俳人が居たらなんかそれっぽい句とか詠んでそうな趣きがある裏庭があったりします。

私は俳人でもポエマーでもないんですが、こういう素朴っぽい画は好みです♨

 

IMG_0174

あと屋根裏から謎の釜とかが出てきました。

錆まくってるので、さすがにこのままでは米は炊けませんが、なんとか加工して再利用できたらな~と思います。

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です